NEWS

アークテリクスの冬がやって来る! バイヤー厳選の今季注目のアウター特集! 〜第三弾・タウンユース編〜

  • FACEBOOK
  • TWITER

2017.12.06

第一回シェル編、第二回インサレーション編に引き続き最終回はタウンユース編です。

第一弾・シェル編はこちら▶

第二弾・インサレーション編はこちら▶

■タウンユース

高い技術力を誇るアークテリクスのタウンユースライン「24」シリーズは、洗練されたデザインと確かな機能性で高級ブランドにも引けを取らない完成度を誇ります。では早速どうぞ!!

カモーソンパーカ


素材:<生地>ナイロン<中綿>750FPヨーロピアングースダウン(※部分的にコアロフト)<中間層>ゴアテックス
重量:1,000g
フィット:レギュラー
カテゴリ:24
価格:80,000円+税

 

BICKS - 商品のご購入はこちら

 

凍てつく寒さの中の雨や雪にも耐えうるプレミアムパーカ。ゴアテックスの防水性・防風性とたっぷり封入されたダウンが、抜群の保温力と耐候性を発揮します。フードが取り外し可能なので、カジュアルなシーンだけでなくフォーマルなシーンにも対応。個人的には高級アパレルブランドのダウンコートに同じくらいの金額を出すなら、デザイン的にも機能的にも絶対カモーソンパーカを買ったほうがお得だと思います。

 

コダジャケット


素材:<生地>ナイロン<中綿>コアロフト<中間層>ゴアサーミアム
重量:750g
フィット:レギュラー
カテゴリ:24
価格:55,000円+税

 

BICKS - 商品のご購入はこちら

 

コアロフトのゴアサーミアム仕様のコダジャケットは、エッセンシャルズカテゴリのカッパフーディのタウンユースモデルと言えるかもしれません。暖かさでは化繊綿よりダウンに軍配が上がりますが、ケアの容易さでは化繊綿が優れています。
寒い冬のアウターとして毎日着るものだからこそ簡単に洗濯できる化繊綿のコダジャケットをチョイスする、という考え方もアリだと思います。

 

ソラノジャケット


素材:<生地>ナイロン<中間層>ゴアウインドストッパー
重量:355g
フィット:レギュラー
カテゴリ:24
価格:27,000円+税

 

BICKS - 商品のご購入はこちら

 

アークテリクスのラインナップの中ではあまり目立っていない隠れキャラ的なソラノジャケット。でも実はすごく使いやすい逸品だと思います。ゴアウインドストッパーを使用しているので防風性があり、起毛したポリエステル素材を裏地に配置しているため単体での程よい保温力があります。
最近は一枚地で軽量性と収納性に優れるウインドシェルは各社が多数展開していますが、この「一枚で防風+保温」というジャケットがありそうで意外とありません。
タウンユースでは屋内から外に出る際に、TシャツやロンTの上からサッと羽織れるジャケットがあると、秋口や春先はとても便利。そんな時にソラノジャケットは間違いなく重宝すると思います。厚みのある中間着に重ねれば、冬だって使えます。新作ではありませんが、個人的に今季とても注目して一着です。

 

カイヤナイトフーディ


素材:ポーラテック・パワーストレッチ(ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン)
重量:425g
フィット:トリム
カテゴリ:エッセンシャルズ
価格:22,000円+税

 

BICKS - 商品のご購入はこちら

 

エッセンシャルズカテゴリのフィールドユースモデルですが、使用されているポーラテック・パワーストレッチがとても柔らかく優しい肌当たりなのでいつも着てもらいたい、という思いからタウンユース編に組み込んでしまいました。
「フリースに2万円オーバー!?」と驚く方もいらっしゃるかとは思いますが、触って着てみてもらえば価格に見合う価値があると納得して頂ける自信があります。
表はナイロン素材のハードフェイスで摩耗に強く、内側はご紹介した通り起毛した優しい肌当たりの裏地が暖かな空気を閉じ込めてくれます。細身のトリムフィットですが、素晴らしいストレッチ性と脇のマチが突っ張りやずり上がりとは無縁の着心地を実現しています。
シェル編のガンマLTフーディと同じくノンスリップジップ採用で風を入れるために少しジッパーを開けた状態からずり下がることがありません。間違いなく今季のフリースの大本命。カラーはこれまた素晴らしい黄色っぷりのWordがお勧めです!!

 

3回に渡ってお送りしましたアークテリクス徹底紹介、いかがだったでしょうか。細かい点やモデルごとの違いなど、気になったことがありましたらぜひご質問ください!ご紹介した全てのアイテムが見て、触って、試せます!
皆様のご来店、お待ちしております!!

第一弾・シェル編はこちら▶

第二弾・インサレーション編はこちら▶

back
トップへ